脱腸(鼠径ヘルニア)
とは

脱腸(鼠径ヘルニア)

京都の王子クリニックでは脱腸(鼠径ヘルニア)の手術・治療を行っています。
ソケイ(鼠径)とは、太ももや足の付け根の部分を指します。
ヘルニアとは、ラテン語で、その意味は体内の臓器が、あるべき部位から逸脱した状態です。
つまり鼠径ヘルニアとは、本来ならお腹の中にあるべき腹膜や腸の一部が、ソケイ部の筋膜の間から、皮膚の下に出てくる病気です。腸が出てくることが多いので、世間では脱腸と呼ばれることもあります。

脱腸(鼠径ヘルニア)の説明 脱腸(鼠径ヘルニア)の説明

こどもでは先天性のものがほとんどですが、大人の場合は、ももの付け根の筋膜が弱くなる40歳以上の中年以上の、特に60歳前後の男性に多く見られます。

女性は男性に比べて少ないです。
また下腹部に力がかかる、例えば立ち仕事をしている人、便秘症・肥満気味の人、よく咳をする人にも多い傾向があります。
鼠径ヘルニアはよくみられる一般的な病気です。
年間14万~16万人の方が治療を受けているとされています。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径ヘルニアの症状

初期のころは、立った時やお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。
次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、おなかが痛くなったり吐いたりします。
これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径ヘルニアの原因

ソケイ部にはお腹と外をつなぐ筒状の管(そけい管)があります。
男性では睾丸へ行く血管や精管(精子を運ぶ管)が、女性では子宮を支える靱帯(じんたい)が通っています。
年をとってきて筋膜が衰えてくるとソケイ管の入り口が緩んできます。
お腹に力を入れた時などに筋膜が緩んで出来た入り口の隙間から腹膜が出てくるようになり、次第に袋状に伸びてソケイ管内を通り脱出します。
いったんできた袋はなくならず、お腹に力を入れるとヘルニアのうの中に腸などが出てくるようになります。
これを外鼠径ヘルニアといいます。
腹壁には弱い場所があり、年をとってきて筋肉が衰えてくるとここを直接、押し上げるようにして腹膜がそこから袋状に伸びて途中からそけい管内に脱出します。
これを内鼠径ヘルニアといいます。
ソケイ部の下側がふくらみ、大腿静脈のわきから脱出します。
これを大腿ヘルニアといいます。多産で高齢の女性に多いのが特徴です。

鼠径ヘルニアの原因

鼠径ヘルニアの治療

鼠径ヘルニアの治療

鼠径ヘルニアは自然には治りません

手術が唯一の治療法です。

王子クリニックでは入院せずに、日帰りで手術が可能です

クーゲル法、ダイレクトクーゲル法、メッシュプラグ法を主に行っています。
この方法は、再発の少ない(1%以下)手術法で、近年普及しています。ポリプロピレン製のメッシュで、弱った部分を補強し、腸などが出てくるのを防ぐ手術法です。
体の組織に過度の緊張がかからない為、術後の突っ張り感がすくなく、従来の手術法に比べ、手術時間が短く(30~60分)すみます。
また創の大きさは約3cm~4cmです。

鼠径ヘルニアの治療


当院では、手術創は生体用瞬間接着剤で閉鎖しているため、

鼠径ヘルニアの治療

抜糸の必要もないため、翌朝からシャワーが可能です。

術後は歩いて回復室まで移動していただきます。

2時間ほど経過観察したのち、異常がなければ、帰宅していただけます。

鼠径ヘルニア術後の
合併症

感染:創部が赤く腫れて、膿がたまった状態

約1%の頻度で起こります。
抗生物質を投与し、膿を出しても治らない場合、メッシュ除去手術が必要になることがあります。

慢性疼痛

メッシュを固定する際、神経を巻き込んだ場合に生じることがあります。
治療としては、神経ブロックがありますが、改善なければ、再手術が必要な場合があります。

漿液腫

創部皮下に組織液がたまった状態です。再発ではありません。 ヘルニアが大きく、癒着がある場合に認めることがあります。時間がたてば自然吸収されますが、違和感が強く認められるときは針を刺して液体を除去します。

皮下出血

創部周囲が出血のため紫色に変化します。多くは自然吸収されます。

再発

メッシュを使った手術では1%以下といわれています。おなかに力が入り、メッシュがずれたこと、加齢や喫煙で組織が弱くなったことが原因として挙げられます。再手術が必要です。