院長ご挨拶

王子裕東先生

私は1996年に地元の神戸大学医学部を卒業後、京都大学医学部外科学講座に入局致しました。
その後は京大外科の関連病院で、外科臨床医として20年以上勤務し、消化器・肛門疾患の手術、胃・大腸がん診療(手術・抗がん剤治療・緩和医療)、救急医療、地域医療等に携わってまいりました。
近年は、短期滞在型や日帰りの手術の必要性を強く感じるようになり、日帰り手術の専門病院、専門クリニックを数多く見学させていただきながら、そのノウハウを学んでまいりました。

この度縁あって、2017年9月1日 京都府向日市に、鼠径ヘルニア・痔の日帰り手術を専門とする王子クリニックを開院させていただくことになりました。
今まで積み重ねてきた消化器外科医としての経験を活かした、鼠径ヘルニア、痔の日帰り手術を行っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

医療法人集裕会 王子クリニック
院長 王子 裕東(おうじ ゆうとう)

手術風景 理念

所属学会・資格

  • 日本外科学会(専門医・指導医)
  • 日本消化器外科学会(専門医・指導医)
  • 内痔核硬化療法(ALTA)実施医
  • 麻酔標榜医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本臨床肛門病学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本ヘルニア学会
  • 日本短期滞在外科手術研究会
  • 関西ヘルニア研究会
  • 内痔核治療法研究会

略歴

1969年11月
兵庫県神戸市出身
1989年
神戸大学医学部入学
1996年
神戸大学医学部卒業
1996~1997年
髙槻赤十字病院外科研修医
1997~1998年
京都大学附属病院外科研修医
1998~2002年
長浜赤十字病院外科医員
2002~2004年
舞鶴市民病院外科副医長
2004~2008年
京都桂病院消化器センター外科副部長
2008~2017年
新河端病院消化器外科部長/副院長/院長補佐
2017年9月1日
王子クリニック 院長