王子クリニックでは京都の肛門外科の中でも痔の日帰り手術・治療を行っています。

痔は生活習慣病。

ですから予防のためには、日常生活を
見直すことが大切です。

トイレは3分以内で
いきみすぎないように。

排便時に強く長くいきむと、肛門を
うっ血させ、負担がかかってしまう。

おしりは清潔に。

肛門周辺の清潔を保たないと細菌が繁殖し、かゆみや炎症の原因になる。

下痢・便秘にならない
よう、食物繊維を
とりましょう。

下痢は肛門を刺激し、おしりも不潔に
なりやすいので要注意。
便秘で腸内にたまった便は硬くなり、
排便時に肛門を傷つけることになる。
食物繊維は腸内で水分を吸収し、
便を軟らかくする。

毎日ぬるめのお風呂に
入りましょう。

肛門の血行をよくします。

お尻や腰回りを冷やさないようにしましょう。

冷えは血行不良につながり、
下痢の原因にも。

朝食をきちんととろう。

朝食は胃腸の活動をうながし、自然な便意を起こさせる。

適度な運動を
心がけましょう。

適度な運動は腸を動かし、
排便をスムーズにする。