肛門周囲膿瘍・痔瘻 | 京都府向日市の医療法人集裕会 王子クリニック | 痔の治療のご案内

京都府向日市森本町下森本9-1

痔の治療のご案内

肛門周囲膿瘍・痔瘻

男性に多い痔です。
肛門周囲膿瘍ができて、進行すると痔瘻になります。

原因

肛門陰窩から細菌が入り込むと、肛門腺が化膿し、その炎症が肛門周囲に広がって膿瘍になります。 肛門周囲膿瘍

これが自然に破れるか切開することにより、膿が排出されます。
70%はそのまま治るといわれますが、30%は膿の管が残った状態になります。
これを痔瘻といいます。

ストレスやアルコールの摂取などによる下痢が原因であると考えられています。痔瘻は軟便や下痢に多くみられる傾向にあります。

肛門陰窩から細菌が入りこむ

肛門周囲

肛門周囲膿瘍肛門腺の炎症が広がり、膿がたまってくる

肛門陰窩から細菌が入りこむ

痔瘻:二次口から膿が排泄されるが、原発口に通じる瘻管が残る

痔瘻
痔瘻の症状
38~39度の発熱、激しい痛み、腫れがみられます。痔瘻は、膿が出て下着が汚れます。
膿の出口がふさがり、再び膿がたまると、肛門周囲膿瘍と同様の症状になります。
分類

痔瘻は瘻管の伸びる方向により分類されます。

低位筋間痔瘻
図:低位筋間痔瘻

内括約筋と外括約筋の間を下に伸びる。痔瘻の6割を占める。

高位筋間痔瘻
図:高位筋間痔瘻

内括約筋と外括約筋の間を上に伸びる。二次口がないため、排膿されない。痔瘻の1割にみられる。

坐骨直腸窩痔瘻
図:坐骨直腸窩痔瘻

外括約筋を越えて肛門挙筋のほうまで伸びる。肛門の後方を複雑に走行する。痔瘻の3割にみられる。

骨盤直腸窩痔瘻
図:骨盤直腸窩痔瘻

肛門挙筋の上に伸びる。直腸狭窄をおこしやすい。ごくまれ。

痔瘻の治療

手術療法

切開開放術
図:切開開放術

瘻管の原発口から二次口までを切開し、そのまま縫合しない手術です。瘻管が肛門後方部であれば、肛門括約筋を切除しても肛門の機能には影響なく、再発も少ない方法です。

括約筋温存術
図:括約筋温存術

原則的に瘻管の二次口からくり抜き、瘻管を切除する手術です。肛門の変形や機能障害を最小限に留めるため、肛門括約筋をなるべく切断せず、傷つけないように行う方法です。肛門の左右あるいは前方の低位筋間痔瘻に適応です。

シートン法
図:シートン法

瘻管の原発口から二次口へ、ゴム紐や糸(絹糸)などを通して縛り、 時間をかけて瘻管を開放する手術です。瘻管の遮断が進む一方で開放創が修復するので肛門の変形・機能障害が少ない方法です。

痔を未然に防ぐには

PAGE TOP